MINI新車購入ガイド

ミニクラブマン(F54)の新車選び、ライバル比較【ミニクーパー新車購入ガイド】

2021.11.11MINI新車購入ガイド

ミニクラブマン(F54)とは?


ミニクラブマン(F54)は2015年10月に発売されたMINIブランドのステーションワゴンです。ミニクラブマンには先代モデルのミニクラブマン(R55)もありますが、フルモデルチェンジで全長295mm、全幅が115mm、全高30mmと大幅に大型化、それに伴って後部座席の左右にもドアが用意されるなど、使い勝手部分で先代モデルから大きく進化しました。その結果、これまでMINIを選んでこなかったユーザーからも選ばれる人気モデルとなっています。

ミニクラブマン(F54)の特徴はMINIらしいフロントマスクです。ミニ3ドアや5ドアと似ているようで少し違う、でもひと目でMINIブランドだとわかる上品なデザインです。他社モデルのワゴンを見渡しても丸いヘッドライトを採用したモデルは非常に少なく、他と違ったデザインを求める層から高く評価されています。この記事の最後に他メーカーのライバル車を紹介していますが、デザイン面から他メーカーの車と比較されることは少ないでしょう。

次に言及しておきたいのはリアの観音開きに開くドア(テールゲート)でしょう。テールゲートはリアバンパーの下に足をかざすだけで自動的にドアを開くことができるイージー・オープナー機能を備えており、両手に荷物を持った状態でも開閉が可能です。ミニクラブマン(F54)のトランク容量は360Lでリアシート折り畳み時は最大で1250Lとなります。MINIブランドの車で積載性にこだわるなら、ミニクラブマン(F54)か少しサイズの大きいミニクロスオーバー(R60)のどちらかを選ぶことになるでしょう。


ミニクラブマン ONE、クーパー(D)、クーパーS(D)のグレードの違いは?

ONE クラブマン(※) クーパー クラブマン クーパーD クラブマン クーパーS クラブマン クーパーSD クラブマン ジョンクーパーワークス(JCW) クラブマン ALL4
標準車両本体価格 335万円 391万円 404万円 435万円(※ALL4は459万円) 448万円 571万円
駆動方式 FF FF FF FForフルタイム4WD(ALL4) FF フルタイム4WD(ALL4)
エンジン種別 直列3気筒DOHCターボ 直列3気筒DOHCターボ 直列4気筒DOHCツインターボ (ディーゼル) 直列4気筒DOHCツインターボ 直列4気筒DOHCツインターボ (ディーゼル) 直列4気筒DOHCツインターボ
排気量 1498cc 1498cc 1995cc 1998cc 1995cc 1998cc
トランスミッション 7AT 7AT 8AT 7AT(※ALL4は8AT) 8AT 8AT
使用燃料 ハイオク ハイオク 軽油 ハイオク 軽油 ハイオク
最高出力 102ps 136ps 150ps 192ps 190ps 306ps
最大トルク 190Nm 220Nm 350Nm 280Nm 400Nm 450Nm
燃費(JC08モード走行) 16.3km/L 16.7km/L 19.7km/L -km/L 19.5km/L 13.7km/L
タイヤサイズ 205/55R16 225/45R17 225/45R17 225/45R17 225/45R17 225/40R18

※2021年3月以降生産分よりONEは廃止されました。
ミニクラブマン(F54)には大きくわけてONE、クーパー、クーパーSの3つのグレードに分けられます。グレードが上がるほどエンジンパワー、トルクの数値が大きくなっていくのは上記表の通りで、ONEは1498ccのガソリン車のみ、クーパーは1498ccのガソリン車と1496ccのディーゼル車、クーパーSは1998ccのガソリン車と1995ccのディーゼル車を選ぶことができます。タイヤサイズはONEのみ16インチ、クーパー以降は17インチ、スポーツモデルのJCWは18インチとなっています。
※ONEとクーパーのガソリン車は1498ccと排気量は同じですが、エンジン出力、トルクが違い、クーパーの方が高性能です。

ガソリンとディーゼルのエンジンの違いについてですが、ディーゼルの方が燃費がいいイメージなのはご存知でしょう。他にも最高出力はガソリン車の方が上ですが、ディーゼル車の方がトルクが太い特徴があります。わかりやすく言うと低い回転数でもディーゼルエンジンの方が力強く走ると考えてください。ディーゼルエンジンのメリットが大きいように感じますが、同じグレードのディーゼル車はガソリン車より新車価格が13万円高く設定されています。

また、グレードごとに選択できるボディーカラーが違います。具体的には下記表の通りです。グレードが上がるほど選択できるボディカラーが増えていくと考えてください。

グレード ボディカラー
ミニONE
標準カラー
ペッパー・ホワイト、チリ・レッド
オプションカラー
ミッドナイト・ブラック、ムーンウォーク・グレー、エメラルド・グレー、メルティング・シルバー、インディアン・サマー・レッド・メタリック、スターライト・ブルー
ミニクーパー・クーパーD
標準カラー
ペッパー・ホワイト、チリ・レッド
オプションカラー
ミッドナイト・ブラック、MINI Yoursエニグマティック・ブラック、ムーンウォーク・グレー、エメラルド・グレー、メルティング・シルバー、インディアン・サマー・レッド・メタリック、スターライト・ブルー
ミニクーパーS、クーパーSD
標準カラー
ペッパー・ホワイト、チリ・レッド
オプションカラー
ミッドナイト・ブラック、MINI Yoursエニグマティック・ブラック、ムーンウォーク・グレー、エメラルド・グレー、サンダー・グレー、メルティング・シルバー、インディアン・サマー・レッド・メタリック、スターライト・ブルー

各グレードの詳細な仕様については下記カタログページをご覧ください。

結局、ミニクラブマンのグレードはどう決めればいい?

結局、ミニクラブマンのグレードはどう決めればいい?
ミニクラブマンのグレード選びはオプションなどを比較し、ディーラーのセールスと細かく話し合いながら決めて欲しいのですが、参考までにアドバイスすると…

・ミニONE:パワーはそこそこでいい、オプションが少なくても費用を抑えたい
・ミニクーパー・クーパーD:上品な質感のミニが欲しい。自分好みのミニにカスタマイズもしたい
・ミニクーパーS・クーパーSD:パワフルでしっかり走るミニが欲しい。好みのミニにカスタマイズもしたい

このように考えてみてはいかがでしょうか。

ミニクラブマン(F54)のマイナーチェンジ年表

ミニクラブマン(F54)が登場したのは2014年10月で、これまでに2度のマイナーチェンジが行われました。こちらの記事は現行モデルの新車購入ガイドになりますので、マイナーチェンジでミニクラブマン(F54)がどう変わったのかについては別記事で紹介しますが、簡単に説明すると2018年と2021年に下記のようなマイナーチェンジが行われました。マイナーチェンジ前後でデザインやエンジンの排気量変更、エンジン種類の追加、トランスミッションの変更などが行われています。

年月 マイナーチェンジ内容
2015年10月 ミニクラブマン(F54)登場
2016年4月 ミニクラブマンにエントリーグレードのONEが追加。クーパーSにALL4(4WD)が選択可能に。クーパーとクーパーSにディーゼルエンジンモデルのクーパーD、クーパーSDが追加。
2017年1月 JCWがミニクラブマンに追加
2019年10月 マイナーチェンジ実施。ONE、クーパー、クーパーSのトランスミッションを7DCTに変更。フロントグリルのデザイン、LEDリアコンビランプのデザイン変更。ディーゼルエンジンモデルのエンジン性能アップ。
2021年3月 ONEのグレード設定がなくなる。8.8インチ・ワイドカラー・ディスプレイ内のレイアウトがモダンなデザインに変更。マルチ・ディスプレイ・メーター・パネルが全グレード標準装備に。

ミニクラブマン(F54)の他社モデルのライバルは?

BMW MINI アウディ メルセデス・ベンツ ボルボ
ミニクラブマン クーパー(F54)(7AT) A3スポーツバック 30TFSI(7AT) A180(7AT) V40 T3キネティック(6AT)
全長(mm) 4275 4325 4420 4370
全幅(mm) 1800 1785 1800 1800
全高(mm) 1470 1435 1420 1440
ホイールベース(mm) 2670 2635 2730 2645
重量(kg) 1430 1320 1360 1480
トランク容量(L) 360 380 370 370
新車価格 391万円 342万円 367万円 345万円
エンジン 直列3気筒DOHCターボ 直列4気筒DOHCターボ 直列4気筒DOHCターボ 直列4気筒DOHCターボ
総排気量(cc) 1498 1394 1331 1497
最高出力(ps) 136 122 136 152
最大トルク(Nm/rpm) 220 200 220 250
JC08モード燃費(km/L) 16.7 19.5 17.4 16.5
駆動方式 FF FF FF FF
タイヤサイズ 225/45R17 225/45R17 205/60R16 205/55R16

ボディサイズや価格帯からミニクラブマン(F54)と比較されそうな車を表にしてみました。サイズやスペック的にはライバルになりそうな輸入車のワゴンですが、デザイン面から見ると比較されることはないかもしれません。ただ、ミニクラブマンが外車ステーションワゴンの中でパワーやサイズでどのくらいのポジションにいるのかを知るのに役立ててください。

価格帯が違い過ぎるので上の表には載せませんでしたが、「丸目のヘッドライトのステーションワゴン」という点で比較するならポルシェのパナメーラをライバル車と言うこともできます。ただ、パナメーラのヘッドライトは完全な丸目ではなく、ボディラインも上品なデザインのミニクラブマンとは違い、ポルシェらしいスポーティさが際立っているので、ミニクラブマンとポルシェ パナメーラをライバル車というのは少し無理があります。

このようにデザイン面から見ると、ミニクラブマンのライバル車を探すのは非常に難しく、他社にはない特徴的なデザインのステーションワゴンを探している人にはミニクラブマンはおすすめです。